めだか用語Q&A

Q1形質とは?
A1形質
改良品種メダカの形質は、大きく4種類に分類されます。詳しくは、「めだかの分類方法」をご覧ください。また、形質の組み合わせにより品種名が決まります。

A2命名法
当店の品種名は、メダカ品評会(日本メダカ協会主催)で用いられているメダカの名称の分類方法を参考に、命名しているものです。お客様にめだかの特徴を分かりやすく伝えるために、できる限り各商品に品種名を併記するよう心がけています。めだかの品種については、「めだかの品種一覧」をご覧ください。

Q2商品名と品種名
A3楊貴妃と朱赤
たとえば、上述の商品の場合、見た目の形質は朱赤メダカ(品種名)なので、商品名「楊貴妃メダカ」として販売します(ニックネーム)。また、この個体が楊貴妃と幹之を交配して生まれた個体の場合、商品名を「楊貴妃メダカ」ではなく「楊貴妃×幹之のF1」として販売することもあります(掛け合わせ名)。特徴的な掛け合わせの場合、掛け合わせ名で販売することが多いです。

Q3現物セット
A4現物セット
現物販売コーナーはこちら
セット販売コーナーはこちら

Q4サイズ
A5サイズ

Q5飼育目的
A6飼育目的

Q6F1
Q7固定率
A7固定率
親メダカを交配させて産まれた子供をF1(第一世代)と呼びます。産まれたF1のうち、親メダカの形質を有している個体の数で固定率は決まります。金魚の世界では、固定率30%以上が確認されれば新品種として認定されるそうです。当店では、継続的に形質の良い個体を選抜・交配し続け、固定率向上(遺伝子の純度を高める)のための系統保持を行っています。

Q8兄弟
A8兄弟
固定率の部分と重複しますが、同じ形質同士の交配でも、同じ形質の子供が産まれてくるとは限りません。産まれた子供を形質が判別できるまで成長させた後に、選別を行い販売するメダカを決めています。惜しくも目的とは異なる形質を有する個体は、親の遺伝を引き継いでいる見込みのある「兄弟メダカ」として販売しています。見た目では多少見劣りする部分もありますが、遺伝に関しては販売メダカと同条件で、価格も安価です。
  • めだかの館とは
  • セット特価販売
  • 厳選メダカの現物販売
  • 全メダカ一覧
  • グループから探す

     

    コンテンツを見る

      
    2018年6月
    12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    品評会開催中は発送のみお休みとなります
    メダカ大図鑑好評発売中!