胴体の所々に、黒い模様がある品種です。昔はブチと呼ばれていましたが、現在では錦と呼ばれることが多いです。錦柄は、色の濃い水槽でしか表現されず、白い水槽に移すと保護色により黒い模様は消えます。

 
 


 透明鱗の遺伝子により、胴体の所々の色が抜けている品種です。色の抜けている部分が白く見え、体色との境目に差があることから「2色」と呼ばれています。また、錦柄を加えることで、「3色」と呼ばれる個体になります。

  
 


 更紗柄と同じく、透明鱗の遺伝子により胴体の色が抜けている品種です。違いは、色の残っている場所に関係します。頭部のみに色が残り、胴体は色が抜け白くなる個体を「丹頂」と呼びます。更紗柄と同じく「2色」「3色」があります。

 

 

グループから探す

 

コンテンツを見る

  
2018年12月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
品評会開催中は発送のみお休みとなります