胴体の所々に、黒い模様がある品種です。昔はブチと呼ばれていましたが、現在では錦と呼ばれることが多いです。錦柄は、色の濃い水槽でしか表現されず、白い水槽に移すと保護色により黒い模様は消えます。

 
 


 透明鱗の遺伝子により、胴体の所々の色が抜けている品種です。色の抜けている部分が白く見え、体色との境目に差があることから「2色」と呼ばれています。また、錦柄を加えることで、「3色」と呼ばれる個体になります。

  
 


 更紗柄と同じく、透明鱗の遺伝子により胴体の色が抜けている品種です。違いは、色の残っている場所に関係します。頭部のみに色が残り、胴体は色が抜け白くなる個体を「丹頂」と呼びます。更紗柄と同じく「2色」「3色」があります。

 

 

改良メダカの体色関連の形質一覧

茶 黄 白 青 ブラック
黄金 琥珀 朱赤 オレンジ ピンク

改良メダカの透明鱗関連の形質一覧
透明鱗 半透明鱗      

改良メダカの目の変化関連の形質一覧
アルビノ スモールアイ 出目 パンダ 目前
ビッグアイ        

改良メダカの虹色素胞関連の形質一覧
ラメ 体外光 体内光 全身体内光 腹膜光

改良メダカの柄関連の形質一覧
斑 ブラックリム      

改良メダカのヒレ変化関連の形質一覧
セルフィン 菱尾 マルコ メラー スワロー
ヒレ長 ロングフィン      

改良メダカの体型関連の形質一覧
ヒカリ ダルマ ヒカリダルマ    

 

 

コンテンツを見る

2022年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31